MENU

家を建てるための土地探しのコツ

家を建てる

新築一戸建てを購入する場合は建売住宅ではない限り土地売買を仲介している業者を探し始める事から始めていくのですが、ハウスメーカーにオーダーして完成を目指すのであればメーカーが協力して頂けるので土地探しはあまり大きな要点にはなりません。一方設計事務所もしくは工務店に依頼するのなら自身が不動産会社に足を運び土地探しをする事になるのですが、真剣に探していてもいきなり訪れた来客に対して良い返事ができないのが実情です。その理由はたとえ既にマイホームを建築する意志が固まっていたとしても不動産会社としては判断材料にならないためであり、数ある土地の中から提案する事が難しい上に冷やかしであるという心情が払拭できないためです。そこで土地探しを円滑に進めていけるようにするには前もって予算や地域、住居形態のプランニングに至るまで具体的に提示させられるようにしましょう。

 

また土地探しをしている段階ではつい空き地に目が向いてしまいがちですが、立地や面積などが条件に合っていて好みである所を偶然見つけた時には次に行うべきステップにコツがあります。多くの場合見やすい所に管理業者の名称や連絡先が書かれた看板が設置されていますが、中には一切案内表示板が無い事もあり詳細を尋ねる術に困惑してしまいます。そうした時は手当たり次第不動産屋に連絡するのではなく、大手の住宅メーカーに向けて管理業者を質問してください。

 

このようにメーカーを仲介して詳しい情報を聞き出すのは土地に纏わる独自の風潮が関係しており、実は書面上では管理者になっていていつでも売り出せる状態になっているものの公に流通させていない事例が多々あるためです。
大手の組織や取引先などの大口から連絡が来ると非公表の案件でも情報提供してくれますし、たとえ候補として挙げられる管理者が膨大だとしても営業担当者はビジネスチャンスを逃さないためにあらゆる方法で調べてくれるので素人だと出処が見つけられない土地探しでも突き止めてくれます。

【家を売る】のと【家を建てる】ではどちらを先に行うべきですか?

家を建てる

現在住んでいる家を売ることで、その売却金額を新たに家を建てる費用に回す、という手法は、いわゆる不動産の買い替えと言います。したがって今住んでいる家が売れることが新築の条件となります。逆に言うと今住んでいる家が売れなければ新築の契約を白紙に戻す契約のことを「停止条件付建築請負契約」と言います。これは家を新築したものの、以前住んでいた家が売れずに結果的に新築費用の全額を丸々負担することを防ぐ目的で結ぶ契約なのです。

 

今 住んでいる家は「すぐに売れるだろう」と安易に予想をして単なる「建築請負契約」だけを締結していまうと、最悪は新築の家は建てたものの、以前住んでいた家は売り家のまま残ることになり、そのコストは膨大になる可能性もあります。建築会社によっては、3ヶ月という期限を設けて、家の買い主がみつからなければ、その建築会社が買い取るという停止条件付建築契約に応じてくれるケースもあります。これですと家が売れ残るという最悪なケースを回避できるので交渉の際には この方法を提示してみるのも良いでしょう。

 

ですから結論を言いますと、家を売ることが最優先という形になります。悪質な不動産会社の中には「今お住まいの不動産であれば、すぐに買い主がみつかりますよ」と安心をさせて不動産売買契約をあおってくる業者もいますのでご注意してください。この場合、停止条件が付いていないので、万が一、家が売れ残った場合の保証は全くありません。ですから買い主がみつかるまでは永久に固定資産税や都市計画税を二棟分負担しなければなりません。このような最悪の事態を招かぬように、停止条件付契約を念頭に入れておけば安心して家を建てることができるのです。今 お住まいの家がどんなに良い立地条件で劣化が少ないからといっても、近隣の中古住宅の価格と比較されますと、予想以上に売却価格を下げられてしまうこともありますので、その点は建築会社または不動産会社と慎重に無理のない価格設定を相談する必要があるでしょう。

家を建てる際に準備すべきこと

家を建てる

家を建てることを決意したとき、どのような準備をすればいいのでしょうか。準備を怠ると、イメージ通りの家が建てられないかもしれません。しっかりと準備を行って、後悔の少ない家作りへとつなげることが大切です。建てる家のタイプに関わらず、お金の準備を無視することはできません。予算に応じて建てられる物件に違いが出るため、まずはどのくらいのお金を使うことができるのか整理しましょう。実際に使えるお金は、すべて自分の貯金から出す必要はありません。住宅ローンも利用できるので、頭金として利用できる額と現在の収入からどのくらいのお金が借りられるのか情報を集めることが大切です。具体的に借りられる金額が知りたければ、銀行に相談へ行ってみるのも1つの手です。

 

また家を建てたい場合、どのような場所で暮らしたいのか考えることも忘れてはいけません。実際に物件を建てた場合、建物に関することなら後からリフォームで修正はできます。ですが土地を購入した場合、引っ越さなければ土地の場所を変えることはできません。土地は後から変えるのは面倒だからこそ、どのような場所に住みたいか考えて選ぶことが大切です。

 

暮らしたい土地が決まったら、いよいよどのような家に住みたいのか本格的に考えていくステップです。このときマンション暮らししかしたことがない方の場合、一戸建てでの暮らしがイメージできないかもしれません。そこで家作りの準備として、住宅展示場やオープンハウスへ見学に行きましょう。実際の物件を見学することで、どのような環境で暮らしたいのか具体的にイメージしやすくなります。家を建てるとき、多くの方は初めてのことの連続でしょう。初めてのことばかりだと、途中で困ってしまうこともあるかもしれません。マイホームのために必要な知識を把握しておけば、困ったときでも対応しやすくなります。そのためお金や土地のことなど必要な知識を集め、スムーズに計画を進めていけるようにしましょう。

これから家を建てる人が知っておくべき法律

家を建てる

マイホームとして不動産を手に入れる時にマンションや建売住宅を購入する場合は別ですが、土地を購入して新たに家を建てようとする場合は土地に関する法律を知っておくことが大切です。なぜなら、土地にはさまざまな法規制が存在し、自分の土地であっても自由に家を建てられないことがあるからです。土地を購入する時はまず、家を建てられる地域と建てられない地域があるということを知っておきましょう。都市計画区域は都市計画法によって市街化区域と市街化調整区域に分けらていれます。市街化調整区域は市街化を抑制するために設けられた地域で、原則として住宅の建築は認められないので注意が必要です。市街化区域においても用途別に地域が区分されており、工業専用地域に住宅を建てることはできません。

 

また、購入する土地が都市計画区域の市街化区域であっても、住宅を建築する場合は建築基準法に準拠する必要があります。敷地に接する道路の種類の規制、建物の大きさを制限する建ぺい率や容積率の規制、建物の高さを制限する斜線制限などの規制があるために、購入した土地に建物を建てられなかったり自分が思い描いた家を作ることができないこともあります。さらに、防火地域や準防火地域においては延焼による火災を防ぐために防火構造の規制を守らなければいけません。

 

このように、土地や建築物には住宅建築に関するさまざまな法律があります。土地を購入する前に住宅を建築できるのか、できるとしたらどんな家なら建てられるのかをこれらの法規制と照らし合わせて検討することが大切です。いざ土地を購入してから「実は家を建てることができなかった」などということにならないように住宅建築に関わる法律を事前にチェックしておきましょう。しかし、これら法律によるすべての規制を理解するのは素人には難しいかもしれません。その時は住宅建築のプロフェッショナルである一級建築士や不動産会社に相談して購入を決めたほうが確実です。

参考リンク